2009年11月10日

WS008HA + Windows7 64bit

mixiに一度書いたネタ。まあ、あの時は Vista 64bit だったけど。
ということで、WS008HA + RX420AL を Windows7 64bit で使う方法。
ちなみに通信ができるってだけで、ファーム更新とかは無理なはず。

なお、動かないとか壊れたとかの苦情は受け付けません(笑)
自己責任で。

(1) Prolific PL2303 の 64bit ドライバを探してくる。私はVer3.0.1.0を使用。最新版は試していない。
(2) WS008HA についているドライバやinfファイル類を適当な所にコピー。
(3) (1) で取ってきたドライバのファイル名を Udx_2pl64.sys に変更する。ついでに(1)についている cat ファイルを Udx_2pl.catとかに変更する。で、両方を (2) のコピーした所にコピー。
(4) Udx_2pl.inf を書き換える。必要なのは CatalogFile の行を有効にするのと、NTAMD64 のエントリを有効にする事。
(5) 書き換えた inf ファイルでドライバがインストールできれば成功。
(6) W-SIM のドライバはとりあえずでいいなら、標準PCMCIAモデムでも動く。私は W-SIM.inf を書き換えて使用中。

うちの VAIO 君では、メモリ部分を切断しておかないとエラーで落ちる。例のユーティリティが動くかは確認してない。


しかし、ad[es] も 32bit しかドライバでてないし、W-SIM のドライバが開発面倒なんだろうねぇ。WILLCOM なんとかしてくれよな。
posted by M.Kazatori at 18:04| Comment(1) | TrackBack(0) | PC関連
この記事へのコメント
ありがとうございます!
これの応用で、NS001U+RX430ALを
Win7x64で使用出来ました。
感謝です。
Posted by Mumin at 2011年02月02日 20:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33550366
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック